zyh@中国語学習中

中国語学習や中国に関するあれこれ

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語の助数詞と中国語の量詞

2006-01-13-Fri-22:05
先日、「日本語なるほど塾」の再放送(再々放送かな?)を見ました。
この番組は毎回面白いテーマなのですが、つい見逃してしまうことが多いのだけど、たまたま見た再放送は「知って納得!数え方レッスン」という、助数詞を扱った内容でした。

普段中国語の量詞には悪戦苦闘するけれど、日本語の数え方だって結構多い。500種類もあるのだそう。冒頭で紹介されていた仏像の数え方なんて「躯・体・座・頭・尊・基」の6種類もあるのだとか。

数え方は、数える物自体をどう捉えるか?によって決まっている。これは中国語と日本語の共通点で、そう考えると中国語の量詞も克服できるかしら?
いえいえ、まだ「」ばかり多用してしまうでしょう。
普通日本人は多い人は100種類以上の助数詞を使い分けているそうです。そんなに使い分けができるかな。日本語にしても「個」ばかり使っていたりして?!


クリックしていただけると励みになります
人気blogランキング
中国BLOGGER人気ランキング
FC2 Blog Ranking

COMMENT



あっ^^;

2006-01-13-Fri-23:09
 量詞ぃっ
 最近、ブログでは「パソコン講座」ばっかり書いていたので忘れていましたが、そういえば量詞シリーズを書いている途中でした^^;

 geを辞書で調べたとき、
   特定の量詞がない名詞に用いる
とあったので、量詞がわからないときはgeを使えばなんとかなる、と勝手に思い込んでいます^^;
 でも今日はちょっと疲れ気味…。

>ひろーるさん

2006-01-14-Sat-17:14
パソコン講座、拝読していますよ~
量詞の使い分けは難しいですよね。
「わからなかったらgeでいいよ」と言われたことがありますが・・・
一つ一つ覚えるしかないですね~

2006-01-25-Wed-10:10
lkjvgp;j;うg@:jbぅgljg:ういg

コメントの投稿

TRACKBACK

旅行関連新着ブログ紹介

TB失礼します。当ブログで旅行関連おすすめ新着ブログとして紹介させて頂きました。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。