zyh@中国語学習中

中国語学習や中国に関するあれこれ

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北京99849歩の旅[3]

2007-08-31-Fri-20:24
4日目:天壇 ― 鼓楼 ― 什刹海界隈 ― 北海公園

メインの行き先だけ決めて、あとはほぼ行き当たりばったりな北京旅行の4日目です。この日のメインは何と言っても天壇。バスを乗り継いで行きました。前門から乗って天壇の南門のすぐ側のバス停が終点。ホテルから2元でこんなに遠くに来られるなんて!

20070831194453.jpg

ここも観光客でいっぱい!
観光客以外にも、ダンスや太極拳をしている人たちがたくさんいました。大人が体を動かして遊んでいるのっていいなぁ(^^)


20070831194656.jpg

20070831194740.jpg

20070831194756.jpg

20070831194930.jpg

もっと広々~とした静かな所かと思っていたのでちょっとイメージが違ってたかな。想像より小さかった、なんて思ってしまうのは北京の他の建造物があまりにも大きいから?

ちょっと高い所に登ると圜丘と皇穹宇、祈年殿が真っ直ぐ並んでいるのがよく見えるのですが、かすんじゃっていい写真がありませんでした。

20070831195621.jpg



20070831195607.jpg

次に来たのはここ・・・まずはこの階段を這い上がります。

20070831195543.jpg

北京の街のセンターライン?

IMG_1573_400.jpg

ここは鼓楼です。ビックリするような急な階段を登ると、素晴しい見晴らしと30分おきに行われる太鼓のショーを見ることができます。
20070831200602.jpg

この近くには高い建物がなく、周りが見渡せます。こちらは鐘楼。
20070831200706.jpg

お昼はワンタン。おじいさん2人組と相席になりました。中国の人たちのパワーの源はたくさん食べてたくさん動くことだと思います。私たちはちょっとお疲れ~

20070831200859.jpg

テレビなんかでよく映るところだ~(^^)
人力車の客引きがすごかったです。「美女~」って寄ってくるので逃げ回る羽目に。「もう乗ってきたよ」って言えばよかったなぁと後で気づきました。

20070831201259.jpg

トコトコ歩いて北海公園に。
20070831201348.jpg

ここにもある九龍壁。北海公園のは両面なのですが・・・
20070831201441.jpg

裏側はこんなことに!!

20070831201524.jpg

一旦ホテルに戻って休憩。相棒はかなりお疲れのようなので、一人でご近所探検。私たちが泊まったホテルがある胡同のいわれが書かれています。
20070831201645.jpg

そしてスローガン。至るところにこういうポスターやスローガンがありますねー。

ちょっとお腹を壊してしまった夫。この日は四川料理を食べに行こうと思っていたのだけど、ホテルの近くでおなかに優しそうなものを食べよう、ということに・・・ でも近所に良さそうなお店もないし、困ったなぁと思っていると・・・

20070831201910.jpg

灯台もと暗し! ホテルの2つ北側の胡同の入り口のところに「雲南料理」のお店発見! めでたく過橋米線にありついたのでした おいしかった~


明日に備えてこの日はこれでおしまい。
最終日は早朝の飛行機なので旅行は実質あと1日で終わり。最終日のテーマは「癒し」です。もうちょっとお付き合いください。

COMMENT



2007-09-03-Mon-00:53
天壇公園もずいぶん広くて静かと思いましたが、私が行った時は最初に寄ったせいもあるかもしれません。

>aripさん

2007-09-03-Mon-19:40
天壇公園は、確かに広いですが、観光客の多さと工事のお陰で静かな感じではありませんでした。
記念撮影ポイントでは、待ってたら永遠に写真が撮れないんじゃ?ってくらい混んでましたよ。

こんにちは

2007-09-05-Wed-14:23
はじめましてgaoshengと申します。
自分も地下鉄を乗り継いで、鼓楼と后海に行きました。

鼓楼では太鼓の実演と時間が合わず、見られませんでした。
写真の様に実演があるのですね、参考になりました。
帰りは、階段が急で一歩一歩、時間をかけて降りた記憶が残っています。

また、遊びに来ます。

>gaoshengさん

2007-09-06-Thu-21:08
はじめまして コメントありがとうございました。
鼓楼の太鼓はお昼時はお休みするみたいです。
私たちが行った時も、全然始まる気配がしなくて、お休みかな?と思ったら、突然何の前触れも無く始まりました。
あの階段は恐怖ですよね。転がり落ちる人はいないのかしら?と思いつつ、私も一歩ずつ手すりにしがみつきながら降りました。

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。