zyh@中国語学習中

中国語学習や中国に関するあれこれ

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「らしさ」を追求する?

2006-07-06-Thu-19:23
どんなに中国語が上達しても、ネイティブのような文章を書く、というのはかなり難しいことだと思います。では逆に、外国人が書く日本語は、どうでしょう?

FM COCOLOの「詩境遊人」のパーソナリティなどでおなじみの、白雪梅さんの「花様的年華」という本をお借りして読んでみました。

時代と国境を越えて心に響くメッセージ。日本と中国の文化の架け橋として活躍するラジオパーソナリティが、「漢詩」を随所に散りばめて日中文化の魅力と意外な共通点を伝える。『産経新聞』夕刊連載を再編。

漢詩や中国文化などの話がたくさん出てくるエッセイです。四季折々の話や日中の文化について感じたことが綴られています。
この本を読むと漢詩が単なる「古典」ではなく、今に繋がるものなのだということを実感します。漢詩だけでなく、中国や中国語を語る上では古典は切っても切れない関係ですね。知らない漢詩や中国の言葉がたくさん出てきて勉強になりました。

この本をお借りするときに、白さんの日本語についての話になりました。難しくはないけれど何処か引っかかるものがある... 
それで、外国人の方が書かれる日本語ってどうなんだろう?と少し考えながら読むことになりました。そういえば、aminさんやフローラン・ダバディ氏のブログを読むと、なかなか自然な日本語が書かれていたよな~などと思いつつ。

上品な言葉だし勿論おかしい点はない。白さんの考えがしっかりと伝わってくる文章です。けれど、やっぱりすんなりと入ってこないという印象を受けました。何処がどう?と言われるとはっきり解らないのですが。
日本人が書く日本語とは、やはり文の長さ、語順、文章の展開などに違いがあるように思います。はっきりと不自然だと言い切れるほどの違和感があるか?といえばそうでもないような。

このムズムズ感を上手く説明できないのが歯痒いです。
日本語らしい日本語。この、「らしさ」の秘密はどの辺にあるのか?と考えているのですが、そもそも自分の文章がさっぱりダメなので、人様が書いたものを「らしい」とか「らしくない」と言ってしまっていいのだろうか?という気持ちもあるのですが。

クリックしていただけると励みになります
人気blogランキング
中国BLOGGER人気ランキング
FC2 Blog Ranking



あ~あ 負けちゃった...の話はいつものように追記で。
しつこい? ポルトガル、負けてしまいました(涙)
頑張って早起きして応援したのにな~ 筋書き通りジダンのラストダンス!な決勝になる? ガッチリ守るといえばイタリアというイメージだけど、今回はフランスの方が守備が堅そう。 
C.ロナウドもウィンク事件(?)やシミュレーション紛いなプレーだとすっかり悪役っぽい印象がついてる? 事実、それはないよな~というような場面も確かにありましたが、彼は自分が倒れたときより味方が倒されたときの方が寧ろ必死でアピールしているように見えます。まだ21歳だから可能性は無限ですね。日本では「サッカーの質を高めるために牛と練習するお兄ちゃん」でしたが、認知度も上がったでしょう。(ところで終わった後アンリと抱き合って何を話してたのかな...)

中にはこんな記事もあったけど。この人に全く同感です。私も「ああ」とため息ばかり。

とりあえず、次は3位決定戦です。ドイツも開催国の意地があるだろうし、ガチンコ勝負見たいです。ドイツは足元があんまり巧くないと思うのでロナウドのドリブル突破をたくさん見たいなぁ。点も取って欲しい・・・。

日本はオシム一色ですね~(笑)新しい代表メンバーがどうなるか、は確かに興味あるんだけど。なんか、ジーコJAPANとかサムライブルーとか、随分前のことのような気がします。

COMMENT



残念でしたね

2006-07-07-Fri-15:16
負けちゃったんですね~。(実は起きられなくて、見られませんでした。)C.ロナウド、ほんとにすっかり悪者になってますね。でもなんだか憎めない感じがする。。youguiziさんの影響かもしれません。
私は日韓大会以来イタリア代表が大好きなので、決勝が楽しみです!

私もよみました~

2006-07-07-Fri-17:32
私も白雪梅さんのラジオ毎回きいてます!この本も図書館へリクエストして最近よんだところです。たしかにいわれてみると日本人の書く日本語とはすこしちがうかなとおもいました。
でもしっかり意味は伝わってきたので それでいいのかなかなとも
思います。この本では、漢文がわかりやすく紹介されている点と
“ようさんたべよ~”と言われて自分の名前を楊さんだと間違えられたと勘違いした彼女の話はおもしろかったです。大阪弁で“ようさんたべよ”は“たくさん食べてくださいね”という意味ですもんね~大笑いしちゃいました。

>yueさん

2006-07-07-Fri-18:18
自己満足なネタに反応していただけて嬉しいです。実は私はイタリア×ドイツの日、起きられず録画で見ました。
Cロナ、暖かく見守ってあげてください...なんて、なんかもう母のような気持ちで見てしまうんです、私(笑) 我が家では彼の悪口を言うと「イケメンへの僻みだ」ということで片付けられます(?)

決勝は私もイタリア応援します。日韓の時はなんか、すごい軍団だなーこれがアズーリか、麗しいなぁ・・・などと思ってました。守り一辺倒じゃなくなって更に魅力的なチームになってますよね♪ 

>こけしさん

2006-07-07-Fri-18:30
上品で知性的な文章で素敵だなぁと思うんですよ。内容も面白かったですし、関西の話も多かったので(楊さんの話は面白かったですね!大阪ならではです)親しみやすかったです。

この本のように漢詩が紹介されていると、なんだ、そんな難しく考える必要ないんだなーってすんなり受け入れられることができます。教科書に載ってるのを見たときはダメだったのに。

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。