zyh@中国語学習中

中国語学習や中国に関するあれこれ

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また増えました・・・

2008-01-28-Mon-14:23
春分までに仕上げるキャンペーンでテキスト1冊終わるぞーと思っていたのに、今日偶然書店で見つけたテキスト(問題集)を買ってしまいました。

ひたすら補語の1冊です。
「初級」とあるのですが、私はこの補語が苦手なので、繰り返し練習が出来ていいかなぁ、と。

こちらのページでPDFで中身をちらっと見ることができます。

同じシリーズのテキストの第二弾らしいのですが、あまり見かけたことがなかったので、見つけたときに買っておかなかったら買えないかも?と思って、買ってしまいました。家にたくさんあるテキストが頭をよぎったんですけどね・・・。

毎日こつこつ「説漢語」をやっているので、テキスト消化に前向きな気持ちになっていてこのペースならできるかな?と、今は思っているのですが、どうなることやら。

初級中国語実践トレーニング 2 (2)
国際語学社
劉 雅新(著)
発売日:2007-08

スポンサーサイト

勉強の息抜きはこれ

2008-01-24-Thu-23:12
テキスト仕上げに向けて毎日少しずつ勉強しています。
進行状況を記録するのは無意味だと思っていたけれど、整理して記録している間に頭の中にも入っているような気がするので、面倒でも少しずつはやっていこうと思います(とりあえず、「説漢語」のテキストを終えるまでは)

現在11課に取り組み中。
だんだん難しくなってきたけれど、各テーマごとにスキットがあるので飽きずに進めていけそうです。ちなみに11課は方言と普通話という内容。


最近の息抜きはドラマ鑑賞。
見ていないDVDとかVCDがいくつか溜まっているんだけど、今は「卧薪尝胆(wòxīnchángdǎn)」を見てます。
登場人物のこととかほとんど知らなかったけれど、今のところ話の展開がゆっくりなのでなんとかついていってます。歴史ものはリアルな会話に役立つような言葉はなかなか出てこないけれど、やっぱり見てて楽しいです。本を読んでもあまり覚えられない人名も、ドラマだと何故かちゃんと覚えられます。音から入ってくるからかな。
そして陳道明の迫力がすごい!なんで日本でドラマ放送してくれないんだろう・・・

陳道明が話す中国語も好きだなー。
息抜き>勉強にならないようにしないとね。

C.TESTの反省

2008-01-19-Sat-16:36
ラッキーなことに、C級認定がもらえたC.TESTですが、成績報告書が来てみて、改めて反省するべき点が多いなぁと思いました。

EF級のL-4対話や話を聴いて答える問題の出来があまりよくありませんでした。これはAD級でも言えることで、L-4の長い話を聴いて内容を答える記述式の問題がぜんぜん出来ていませんでした。

他の部分に比べて、どちらの級でもL-4の出来が悪いということは、最近リスニングの勉強をあまりしていないせいかもしれません。あと、語彙が少ないのでどれだけ聴いても知らない単語が聞きとれる訳がないっていうのもあるでしょう。

リーディングの方は、単語を知らなくても漢字にかなり助けられている部分があると思うので、この試験でうたっているようなコミュニケーション能力はC級よりももう少し低い水準ではないかな?と思います。

「3月20日、春分の日までに1冊仕上げる事ができるといいな!」企画に乗っかります!

2008-01-17-Thu-15:46
Mandarin NoteのMarieさんの企画、「3月20日、春分の日までに1冊仕上げる事ができるといいな!」に私も参戦したいと思います。

テキストを買ってもなかなか1冊やり遂げることができません。買ったことによって安心してしまって放置しているうちに、ほかのテキストに目移りしてしまい、こっちならば最後までやれるんじゃないか?などと買って来るのに同じことの繰り返し。
やはり、これはブログで宣言してがんばるしかない・・・ってことでしょう。

やりかけのテキストはたくさんあるのですが、私は「説漢語」をやろうと思います。去年の3月にやり始めてそのままになっているので、もし3月20日までに完成すれば、一応約1年で達成できたことになる(?)し、ちょうどこのテキストのCDのデータをパソコンに取り込んだところだったので、これをやりなさいという神様のお告げかも?ってことで。


今のところ、第5課まで終わってます。
全40課の結構分厚い本なので、どこまでできるかはわかりませんが、目標は1冊完成ってことでがんばろうと思います!

できるかな・・・ 早速今日、第6課からスタートしますっ

「おばさんのポストモダン生活」

2008-01-15-Tue-22:35
「姨媽的後現代生活」
許鞍華監督 2006年の作品です。
面白そう!斯琴高娃サン主演だし、周潤發 だし、趙薇だし・・・ということでジャケ買いしてそのまましまってあったDVDを見ました。

寛寛という少年が上海に住むおばさんのところにやってくる場面から映画が始まります。一人気ままに暮らしているおばさん。寛寛とおばさんの生活を描写していくのかな?と思いきや、寛寛はしばらくすると帰っていきます。
再び一人での暮らしを送るおばさんの周りにはちょっと変な人ばかり。けちなのにお節介なおばさんの暮らしは一見気ままで優雅。でも、話が進むにつれて、おばさんの過去が徐々に分かってきます。

だんだん切ない展開になっていくんだけど、コミカルで爆笑してしまうシーンがたくさんありました。特にプールでの水着姿!!
あと、周潤發が見事に「うさんくさいおっさん」を演じていました。
うさんくさいのに最後の後姿がかっこよすぎ。


「人民中国」の名作のセリフで学ぶ中国語でも紹介されていました。

「武士の一分」

2008-01-14-Mon-23:08
先日テレビで放送された映画「武士の一分」を録画してあったので、見てみました。なかなか面白かったです。

以前、この「武士の一分」という映画のタイトルはどういう意味か?と中国人の方に聞かれてうまく説明できませんでした。「一分」というのは「面子」としか言えなかったのだけれど、ふとそのことを思い出して検索してみると・・・

日本电影武士的一分叫是什么内容,哪有看呀
请问<<武士的一分>>"一分"是指什么

伝えたいことを伝えるのにはまだまだ程遠いです。
もうちょっとしゃべれるようになりたいなぁ。


そういえば、Chinesepod(最近すっかり聞き流すだけになっています・・・)でも映画の話題がありました。
検索しているときにこんな記事も見つけたのですが、日本映画のタイトルがどう翻訳されているか、ちょっと興味深かったです。「武士の一分」はタイトルそのまんまなんですねー。

C.TESTの結果

2008-01-08-Tue-17:36
オンラインでC.TESTの結果が見られるようになってました。

お正月を挟んで、忘れかけていたテストの結果。
待っていれば成績表が届くのですが、見られるならば早く見たいっ!ってことで早速調べてみました。

まずはEF級。
これはほぼ前回と同じような点数。聴力がちょっとだけ点数は低かったけれど、これはテストの時に感じた難しさの分かなぁ。
総分424で無事E級認定


そして、問題のA-D級ですが・・・

なんとかC級に滑り込みました
前回以上が目標だったので嬉しいです。
聴力517、総合運用526、総分522でした。
9月は427でギリギリD認定だったから多少は進歩できたかなぁ~と。

ちょっとやる気が出てきたかもー(←単純)

2008年が始まりました

2008-01-05-Sat-12:59
新年もあっという間に5日になりました。

1ヶ月以上ブログの更新をしないと、一番上に広告が表示されてしまうみたいです。
しっかりと計画的に勉強しているわけでもないし、学習記録なんて面倒で三日坊主になってしまいそうだから書けませんが別のところで学習記録つけることにしました。
広告が出ると不細工なのでなんとか月に1度ぐらいは更新していこうと思います。


年末年始は帰省していました。
30日に家族総出でお餅つきをして、2日にはお千代保稲荷へ初詣に行ってきました。この神社、田んぼの中にぽつんとあって、狭いし普段は参拝客も少ないらしいのですが、お正月は他県からも参拝客がつめかけてくるので、入場制限もあるし揉みくちゃにされて酷い目にあってしまうのです。一旦列に入ってしまうともう抜けることも困難です。だから晴れ着で行くなどとんでもないという感じです。
今年は2日だったけれど、それでも入場制限をしていて3回目ぐらいでやっと入れました。毎年、無事に初詣に来られたお礼とささやかなお願い事をするのですが、今年は何故か頭が真っ白になってしまって、ただ手を合わせるだけでした。終わってからあれ?って感じで。


3日に家に戻ってきて、そうだ、年が変わったからもう日めくりはないんだ、とちょっぴり淋しくなりました。何気なくつぶやく位だった日めくりカレンダーだけど、それなりに面白かったし、年末の「打○○」の連続はページ稼ぎかと思う位(笑)の量で圧巻でした。
今年のは買わなかったけれど、買ってもよかったかなー。何となく、本1冊買うほうが為になるような気がして、買うのをためらってしまったのです。


休み中に読んでいた本はこれ。


加藤先生の本はやっぱり面白いです。
漢文は読めなくても大丈夫。「面白いんだよ、オイデオイデ」と本の中から誘いかけられます。この本の内容は大学の授業でやったことをまとめたそうですが、そんな授業、一度受けてみたいなぁ。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。